Life Style

【おすすめファミリーカー】日産セレナe-powerのプロパイロットの実力

今回は、ファミリー向けミニバンの日産セレナe-powerの試乗レポートをします。

先日、家族でスキー場へ行くのにセレナe-powerをレンタルして一般道、高速道路、山道含め250kmのロングドライブをしてきました。そこで、主にセレナe-powerのドライビングフィールとプロパイロットについて感想を述べます。

セレナe-powerのドライビングフィール

セレナe-powerで特筆すべきポイントはモーター走行とワンペダルドライブです。

モーター走行ならではのスムーズな走りは爽快でした。ただ、電気自動車のリーフのような加速感や初速の鋭さはなく、走りに関しては可もなく不可もなくという感じでした。

ワンペダルドライブはものすごく運転が気持ちいい

ワンペダルドライブは快適そのものでした。

セレナe-powerは「ドライブ」「S」「ECO」と3つのドライブモードがあります。その中で「S」と「ECO」モードはアクセルオフで減速、停止まで操作することができます。

電気の回生ブレーキはエンジンブレーキよりもブレーキの利きが良く、山道のカーブなどもアクセル一つで自由自在に速度調節が可能です。文字通り「意のまま」に車が加減速しているので、運転していて非常に気持ちがいいです。

加えて、足をブレーキペダルに踏みかえる必要がないので、運転していても疲れにくいです。

ワンペダルドライブには繊細なテクニックが必要

運転手にとっては、アクセルペダル操作のみで楽に速度調整が可能なワンペダルドライブはガソリン車にはない気持ち良さがあります。

ただ、「S」や「ECO」モードだとアクセルペダルOFF時の回生ブレーキが強いです。そのため、アクセルペダルから足を離すと、すぐさま回生ブレーキが働き、強めのブレーキがかかったような衝撃が同乗者にきます。

これが、同乗者にとってはかなりの違和感になり、わたしの妻は乗り始めに酔いました。もちろん、運転手が加減速のタイミングをコントロールしているため、運転手にそういった違和感はありません。

しかしながら、しばらく運転していけば、アクセルペダルの調節のコツをつかむことができるので、運転者も同乗者にとっても気持ちの良い乗り心地を実現できます。わたしも1日のレンタルだけでワンペダルドライブの要領をつかめたので、特に心配されなくてもいいと思います。

 

プロパイロットの満足度は高め、だけど……

セレナの売りの一つであるプロパイロットも一般道と高速道路で試しました。

高速道路での運転はラクチン

高速道路でのプロパイロットは概ね満足しました。

4車線以上の高速道路では問題なくプロパイロットが作動しました。車線維持機能はカーブでも切れることはありませんでした。アダくティブ・クルーズコントロール(以下ACC)も前方の車に合わせてスムーズに加減速できていました。

車線維持機能作動中でも、ドライバーはハンドルを握っている必要がありますが、片手をハンドルに添える程度でよく、運転の疲労はかなり減ります。

試しに、ハンドルから手を離してみると、5秒ほどで「ハンドルを握ってください」との警告が出ました。

改善点をあげると、下の写真のような片側一車線の対面通行の高速道路の場合、ACCは機能していましたが、車線維持機能は作動しませんでした。地方だと、意外と片側一車線の高速道路が多いため、日産さんにはここを改善してほしいとですね。

便利な点として、車線移動時もプロパイロットがリセットされないので、いちいちプロパイロットをセットする必要がなくユーザー目線で作られているなと思いました。

一般道の場合でも使用は可能

プロパイロットは主に高速道路や自動車専用道路の使用を想定したものですが、一般道でも試してみました。

一般道では車線維持機能は作動しませんでした。奇跡的に作動してもすぐに切れてしまうので使い物になりません。

ただ、ACCは機能するので、一般道でも渋滞時にはこの機能が活躍します。一般道であっても、ACCの制御はなめらかでした。回生ブレーキがエンジンブレーキよりも強いため、山道の下り坂でもきっちりスピードを保ってくれました。

ガソリンタイプのセレナとの比較

セレナe-powerに乗る前に、ガソリンタイプのセレナでプロパイロットを試したことがあるので、比較してみます。

プロパイロットの制御は圧倒的にe-powerの方がなめらかです。ガソリンセレナだと、加速はタイムロスを感じ、ブレーキもガクガクして

筆者
筆者
これなら自分で運転した方がマシだな

と思うレベルです。

高速道路では、ガソリンセレナでも活躍の場がありますが、一般道では、ACCの制御もイマイチで使い物になりません。

一方、e-powerの場合はモーター駆動がリニアな加減速を可能にしているため、上述の通り、ACCの反応速度も速く、制御もなめらかで一般道、高速道路関係なく積極的に使いたいと思わせる程、完成度が高いです。

そのため、プロパイロットを使い倒したい場合は、e-powerを選ぶのがおすすめです。

まとめ

  • セレナe-powerのワンペダルドライブは快適そのもの
  • プロパイロットも違和感なく使用できる
  • 高速道路であっても、複数車線でしかプロパイロットが機能しないところがマイナスポイント

ファミリー向けミニバンの日産セレナe-powerの試乗レポートをまとめました。

ちなみに、往復250kmのロングドライブの実燃費は一般道1割、高速6割、山道3割ほどで21.2km/Lでした。

セレナe-powerはモーター駆動であるため、ガソリンセレナと比べて、プロパイロットの制御が優れているのが最大の特徴だと感じました。最近はどのメーカーもプロパイロットのような運転支援システムが搭載された車を販売していますので、機会があれば他のメーカーのインプレッションも記事にしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。